安定が魅力のインフラ業界研究ガイド|就活生向けに徹底解説!

インフラ業界の大きな魅力といえば「安定性」。この魅力につられて多くの学生がインフラ業界も視野に入れながら就活を進めているのではないでしょうか。

本記事ではインフラ業界の企業や仕事内容、今後の動向などをご説明していきます。インフラ業界に向いている人の特徴もご紹介しますので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

インフラ業界とは?

インフラとは「infrastructure(インフラストラクチャー)」の略語で、「下部構造」を意味しています。現代ではこれが転じて、下記のような生活の基盤となるものを指すようになりました。

  • 道路
  • 航空
  • 鉄道
  • ガス
  • 電気
  • 水道
  • 通信網
  • エネルギー など

そしてインフラ業界とは、このインフラを一般消費者に提供する業界のことです。私たちが暮らすうえで必要不可欠なサービスを提供しているため、よっぽどのことがない限り経営難に陥ったり倒産したりしにくいといわれています。

就職に対して「絶対的な安定」を求めている学生から人気の高い業界です。

インフラ業界で活躍する企業はおもに4種類

前述のとおり、インフラ業界と一口にいっても多岐にわたる業界が含まれています。ここでは、インフラ業界のなかでも代表的な以下の4業界について解説していきます。

インフラ業界を大きく構成する4つの業界
  • 生活インフラ
  • エネルギーインフラ
  • 空間インフラ
  • 交通インフラ

生活インフラ

私たちの日常を支える生活インフラ業界はなくてはならない存在です。たとえば下記のようなものが生活インフラとして挙げられます。

  • ゴミ処理場
  • 電話やインターネットなどの通信系
  • テレビやラジオなどの放送系
  • 上下水道
  • 学校
  • 病院
  • スーパーマーケット
  • コンビニエンスストア など

とくに通信系インフラは別名「ITインフラ」とも呼ばれており、スマホが普及している現代においては欠かせません。生活インフラ業界のなかでも高い成長が見込まれている重要な分野といえるでしょう。

生活インフラ業界の代表的な企業
  • アサヒホールディングス
  • 株式会社ダイセキ
  • ソニーグループ株式会社
  • 株式会社フジテレビジョン
  • NTT東日本(東日本電信電話)
  • ソフトバンクグループ

エネルギーインフラ

生活インフラと似ていますが、市場規模が大きいことから別で考えられているエネルギーインフラ業界。人が生活するために必要なインフラのなかでもエネルギー源がこれにあたり、石油や電力、ガスなどに分けられます。

エネルギーインフラ業界の代表的な企業
  • 東京電力ホールディングス
  • 関西電力株式会社
  • ENEOS株式会社
  • 東京ガス株式会社

人々が健康的に生活をしていくうえで必要不可欠な業界のため、安定性の高い企業が多い傾向にあります。

空間インフラ

空間インフラ業界とは、施設や建物の管理関係を担う業界のこと。たとえば建物や沿岸部にある水門、排水機場、橋、堤防などが挙げられます。

空間インフラ業界の代表的な企業
  • 朝日航洋株式会社
  • 国際航業株式会社
  • 株式会社大林組

ただし寺・神社などの文化財や文化遺産に指定されている建物については「観光インフラ」として分類されています。空間インフラとは区別されているため覚えておきましょう。

交通インフラ

交通インフラ業界は鉄道会社や高速道路の管理会社、バス会社、航空会社など、私たちが日常生活で使う交通手段のインフラを手がけている企業が集まっています。

この業界は昔からの伝統的な企業が多く、良くも悪くも会社全体が役人気質である場合が多いです。

さらに新規参入に膨大な資金が必要となるため新規参入者も少なく、歴史のある古い企業が市場を独占しています。

またIT技術を積極的に取り入れているのも交通インフラ業界の特徴といえるでしょう。

近年では自動車や電車の自動操縦など、新しいテクノロジーを導入する事例も増えています(参考:PR TIMES_日本初 大型バスによる営業運行での自動運転実証実験を実施!~I▫TOP横浜「路線バス自動運転プロジェクト」始動~)。

このような交通インフラ業界ですが、さらに下記の4つの業界に分類されています。

交通インフラ業界を構成する4つの業界
  • 鉄道業界
  • 航空業界
  • 高速道路業界
  • 物流業界

それぞれの代表的な企業も例に挙げながらご紹介していきましょう。

鉄道業界

鉄道業界とは、鉄道を使用して人やモノを運ぶ事業を手がける業界のことです。人が集まる駅を中心に不動産やホテル、レジャー施設、小売業などの異業種も運営し、事業の多角化を図る鉄道会社も増えています。

鉄道業界の主要な会社は下記のとおりです。

  • JR東日本(東日本旅客鉄道)
  • JR東海(東海旅客鉄道)
  • JR西日本(西日本旅客鉄道)

これらに加えて「東京地下鉄(東京メトロ)」「東急」「東武鉄道」「小田急電鉄」「近鉄グループホールディングス」などの私鉄も、日本の鉄道業界を支える大きな企業です。

航空業界

航空業界とは、航空機によって国内外に人やモノを運ぶサービスを提供している業界のこと。

大規模航空事業者である「メガキャリア」と、格安航空会社である「LCC(Low Cost Carrier)」に事業を大別できます。また人を運ぶ「旅客分野」と、モノを運ぶ「貨物分野」によっても仕事内容は異なるでしょう。

近年の社会情勢の変化により航空業界の旅客分野は不景気となっていますが、一方で貨物分野は好景気といえます。

海外から医薬品の輸送が増えることも見込まれています(参考:SankeiBiz_新型コロナで航空貨物業界に好機 真価が問われる“強力な市場”の関空)。

航空業界におけるメガキャリアは下記のとおりです。

  • ANA(全日本空輸)
  • JAL(日本航空)

またLCCでは、次のような企業が市場を大きく占めています。

  • ピーチアビエーション
  • ジェットスタージャパン
  • 春秋航空
  • 日本エアアジアジャパン

高速道路業界

高速道路業界とは高速道路を建設・整備することで、地域社会の活性化や物流の支援、災害対策のほか、救急車だけが退出できるような緊急用道路を作るなどの医療関係のアクセスにも貢献している業界です。

日本の道路全体に対して高速道路は1%未満の割合しかありません。しかし国内貨物の輸送量の約5割を担っており、日本の重要なインフラと言えます。

高速道路業界の主要な企業は次のとおりです。

  • NEXCO東日本
  • NEXCO中日本
  • NEXCO西日本
  • 首都高速道路
  • 阪神高速道路

※NEXCO(ネクスコ)とは、日本道路公団の民営化により2005年10月に発足した高速道路3社のことです。

高速道路は新しく建設したり整備したりするのに莫大なお金がかかるため、今後も新規参入企業はないといわれています。

物流業界

物流業界は「海運」と「陸運」に分けられます。海運とは船を使って人やモノを運ぶサービスを提供している業界のことで、陸運はトラックや鉄道などを使って人やモノを運ぶ業界のことです。

さらに顧客や地域によって国内外の法人向け、または個人向けなどに細かく分類されています。

海運業界の大手企業
  • 日本郵船
  • 商船三井
  • 川崎汽船
  • NSユナイテッド海運
  • 飯野海運
陸運業界の大手企業
  • JR東日本(東日本旅客鉄道)
  • 日本通運
  • JR東海(東海旅客鉄道)
  • ヤマトホールディングス
  • JR西日本(西日本旅客鉄道)

インフラ業界に就職する魅力・メリット

続いてインフラ業界に就職する魅力やメリットを4つご紹介します。

メリット①:安定している

国民が生活をするうえで欠かせないインフラ業界は、ほかの業界と比較しても安定している企業が多い点が大きな魅力です。

「就職ジャーナル」が行ったアンケートによると「どういう点に魅力を感じて志望(入社)したのか」という質問に対して、インフラ業界で働く入社1〜5年目の先輩212人のうち46.2%の人が「業界の安定感」と回答しました(参考:就職ジャーナル_インフラ業界の一番の魅力と想定外は?就職先を決める前に知っておきたい、200人の本音集_2018年12月21日)。

インフラ業界はサービスの安定供給への設備投資がかかるうえ、そもそも国から事業運営の許可を得なければならなかったりと、新しく事業に参入するのは容易なことではありません。

そのためライバルが増えて競争が激化するようなケースは考えにくく、急に倒産したり業績不振に陥ったりすることは少ないことから業界全体が安定しているといわれています。

ただし……?

航空業界などの一部業界は、社会情勢の変化によって著しく不安定になっています。いつ何が起こるかは誰にも予測できないため「絶対に安定した業界はない」と念頭に置いておいておきましょう。

メリット②:良くも悪くも年功序列の社風が多い

2つ目のメリットは、良くも悪くも年功序列の社風を維持している企業が多い点です。

インフラ業界は昔ながらの社風が根強く残っている業界のため、年功序列によって年収や役職が上がっていく可能性が高いでしょう。これはどんなに頑張っても若いうちは結果として表れにくいともいえますが、良くいえば、社内でのキャリアを安定して築いていきやすいと考えられます。

メリット③:やりがいを得やすい仕事

繰り返しになりますが、インフラ業界は国民の生活を支える基盤の仕事を担います。そのため大きなやりがいをもって働ける点も魅力の一つでしょう。

「仕事はお金のため」と割り切って働けない人や、やりがいがほしいと考えている人にはおすすめできる業界です。

メリット④:待遇や福利厚生が整っている

企業全体が安定した収益をあげられていれば、従業員の待遇や給与も安定します。たとえば毎年一定額以上のボーナスがもらえたり、手当や残業代も適正に支給されたりと待遇面での不満は少ないと考えられます。

また昔ながらの企業が多いため、年金制度や保養所などの福利厚生が整っている可能性が高いでしょう。なかには自社サービスを無料、もしくは割引で使えるようにしている企業も多く、鉄道や飛行機などを安く利用できる場合もあります。

加えて企業規模が大きいため、時代の流れに合わせて柔軟に制度を変えていく力もあります。時代錯誤のままでは社会的評価も低下するため、新しいサービスや技術を積極的に取り入れていく企業が多いでしょう。

インフラ業界の動向は?

ここでインフラ業界の今後の動向について2つお伝えします。業界研究を深めるときの参考にしてください。

環境配慮への取り組みが注目されている

インフラ業界は生活の基盤となることから、それだけ多くの人が高い頻度でさまざまなサービスや商品を利用します。そこで注目されているのが環境に配慮した取り組みです。

たとえば世界的に取り組みが行われている持続可能な目標「SDGs」は、2030年を期限として17個の国際目標が定められています(参考:外務省 国際協力局_持続可能な開発目標(SDGs)達成に向けて日本が果たす役割)。

多岐にわたる業界がSDGsに取り組んでいますが、「SDGs」のなかで語られている「6:安全な水とトイレを世界中に」や「7:エネルギーをみんなに、そしてクリーンに」などはインフラ業界にも密にかかわってくる目標です。そしてこれらを達成するためには、再生可能エネルギーの研究や開発、実用化などに力を入れていかなければなりません。

また省エネや二酸化炭素排出量の削減といった対策も実施し、持続可能な社会の実現を目指していく必要があるでしょう。

電力・ガスにおける小売りの自由化が進む

エネルギーインフラ業界では、電力やガスにおける小売りの自由化がさらに推進すると予測されています。

電力は2016年、ガスは2017年から小売りの自由化が認められました。従来の消費者は「電気は電力会社」、「ガスはガス会社」といったようにエネルギーを供給してもらっていて、消費者自身が供給会社を選ぶことはできませんでした。

しかし政府の働きかけで新規参入企業も徐々に増え、現在では利用者のライフスタイルや料金などに合わせてエネルギーを購入する企業を選べるようになったのです。こうして始まった各企業の激しい競争は、今後も激化していくと見られています。

もしかしたら「お家の電気を〇〇ガス会社におまとめしませんか?」などのセールスを受けたことがある人もいるかもしれません。エネルギーにおける小売りの自由化が激化すれば、各企業でどのように契約を取っていくか、どのようなサービスを提供すればよいのかなどを戦略的に考えて戦っていく必要があるでしょう。

インフラ業界に向いている人はどんな人?

インフラ業界に向いているのは次のような人といえるでしょう。

インフラ業界に向いている人
  • 人の役に立つ仕事がしたい人
  • 専門的な知識やスキルを身につけたい人
  • 仕事もプライベートも充実させたい人

生活を支えるインフラ業界は「人の役に立つ仕事がしたい」と考えている人におすすめします。生活になくてはならない仕事であるケースが多く、大きなやりがいを感じて働けるからです。また専門的な分野であるため、特殊な知識やスキルなどを身につけられます。

インフラ業界の仕事内容とは?

インフラ業界の仕事内容は、各業界によって大きく異なるため一概にはいえません。ここでは「鉄道業界」と「電力業界」の2つに絞ってご紹介していきましょう。

鉄道業界の仕事内容

鉄道業界といえば、鉄道の管理や整備をイメージする人も多いかもしれませんね。鉄道の管理や整備は、さらに建設・工務・車両・電気といった分野に分かれています。管理や整備の仕事がしっかりとなされていなければ、人命にも関わる大きな事故を引き起こしてしまう可能性もあるため非常に重要な職種です。

ほかにも下記のように一般的な職種もあります。

  • 経営企画
  • 人事
  • 総務
  • 経理財務
  • 営業
  • サービス提供
  • サービス開発 など

「専門的な技術やスキル、知識はないけど鉄道業界で働きたい!」といった学生は、上記のように一般職で応募してみるのもよいでしょう。

電力業界の仕事内容

電力会社に入社すると、多くの場合、最初は各一般家庭を回って検針・集金をする業務を担当します。これは電力がどのように供給されているのかを理解するためです。

検針・集金以外の業務としては、たとえば下記のような職種があります。

  • 燃料部門
  • 経営企画
  • 営業 など

燃料部門は電力を生み出すために海外からガスや石炭などを調達する仕事を担っており、電力会社の花形部門ともいわれています。

インフラ業界のインターンについて

インフラ業界でもさまざまな企業が大学生向けにインターンを開催しています。インターンは入社を希望する企業から内定をもらったり、その企業を深く理解したりするのに有効な手段です。

安定性が抜群なインフラ業界は、インターンも高い人気があります。ほかの業界のインターンと比較しても注目を浴びているため、インターン自体にも選考があるケースも多いでしょう。そのため「インターンだからそれほど準備はいらないのでは?」と軽く考えるのではなく、しっかりと面接などの対策を準備する必要があります。

弊社「コネクトインターン」では長期インターンを中心に、職場体験したい大学生と、入社後のミスマッチを防ぎたい企業のマッチングの場を提供しています。就活に有利な推薦状が届いたりプロのキャリアアドバイザーにサポートしてもらえたりと、就活生にとっては心強い味方です。

コネクトインターンについて詳しく知りたい人は、下記の記事もあわせてご覧ください。

インフラ業界に関するQ&A

最後にインフラ業界に関するよくある質問とその答えをご紹介します。

就職難易度はどれくらい?
インフラ業界の就職難易度は高いといえるでしょう。なぜなら経済状況に左右されにくく安定しているため、人気でライバルも多いからです。ただし、いくら本心で「安定しているから入社したい」と思っていても志望動機などで安定性について語ってしまえば、マイナスな印象を与えるため注意しましょう。
理系出身者のほうが有利って本当?
決してそんなことはありません。たしかに研究開発や整備などの専門的な部門も多く、理系で学んだ知識やスキルは役に立つでしょう。しかし先にもご紹介したように、どの会社にも営業職や事務職といった文系の仕事もあるため安心してチャレンジしてみてください。
インフラ業界はホワイト企業が多いの?
ホワイト企業かどうかは企業によります。「安定している=ホワイト企業」ではありませんので注意してください。

たしかにインフラ業界は、ほかの業界に比べて給与水準は高めといえます。しかし最近では電力やガスにおける小売りの自由化や、大手スマホキャリアの値下げ、格安SIMの新規参入など、さまざまな側面で同業界内の競争は激化しているのが現状です。インフラ業界は政治的圧力を受けやすいこともあり、決して楽な仕事とは考えないほうがよいでしょう。

インフラ業界は多岐にわたる業界が関係している!

インフラ業界といっても多岐にわたる業界があります。本記事でご紹介した業界や企業、仕事内容はほんの一部に過ぎません。そのため自分自身がどの業界を目指したいのかを絞っていかなければ業界研究は進められないでしょう。

まずは興味があるインフラ業界のなかから、自分自身が気になっている企業などを基準にリサーチを重ねてみてください。そしてある程度絞れたら、インターンシップや業界研究本などをうまく活用しながら志望企業を見つけていきましょう。

長期インターン求人サイト「コネクトインターン」
長期インターン求人サイト

長期インターン求人サイト「コネクトインターン」。大学生は完全無料でご利用可能。大手からベンチャー企業まで様々な企業が長期インターンの求人を掲載。コネクトインターンに登録することでインターンシップや就活に有利な情報が手に入る。企業からインターンシップのスカウトも届きます。コネクトインターンを活用して長期インターンや就活をより良いものにしましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事