就活 面接 女性

「あなたの苦労したことを教えてください。」と聞かれると、どのように答えていいかわからない就活生も多いと思います。また、苦労した経験が見当たらず、焦ってしまう場合もあるでしょう。

しかし、企業がこのような質問をする理由や正しい考え方・答え方を知っていれば、スムーズに回答することができます。そこで本記事では、企業が苦労したことを聞く理由や苦労したことの考え方や答え方を詳しく解説します。

企業が「苦労したこと」を聞く理由とは?

学生からすると、「苦労したことを聞いて何が判断できるのだろう?」「もっとポジティブなことを聞いてくれればいいのに」などと思うでしょう。

しかし、企業はあえて「苦労したこと」を聞く意図があるのです。そこでここからは、企業が学生に苦労したことを聞く理由を3つ解説します。

企業が学生に苦労したことを聞く理由
  1. 学生の苦手なことを把握するため
  2. 学生の苦労の度合いを把握するため
  3. 課題設定力・課題解決力を見極めるため

学生の苦手なことを把握するため

まず1つ目は「学生の苦手なことを把握するため」です。

面接の最中、面接官は学生の合否について判断していると思われがちですが、学生1人ひとりの適性を見極めている場合があります。適性を見極める理由は、自社の雰囲気に合うかということや入社後の配属先を考えるためです。

例えば、コミュニケーションが極端に苦手な学生を営業部に配属してしまえば、苦戦することが目に見えています。他にも、協調性が欠ける学生を、チームで動いている部署に配属してしまうと、馴染めず浮いてしまう可能性が高いです。

学生の苦労の度合いを把握するため

2つ目は「学生の苦労の度合いを把握するため」です。

例えば、同じ量の書類を同じ時間で処理する仕事を2人の学生に任せるとします。1人の学生は何の苦痛も感じることなく、仕事を終了させました。しかし、もう1人の学生は仕事の量に耐えることができず、途中で断念してしまいました。

このように、仕事内容に関する得手不得手も多少関係するかもしれませんが、苦労と感じる度合いは主観的なものなので、1人ひとり違います。そのため、「どの程度のことを苦労と感じるのか」を見極めるために、面接で「苦労したこと」を質問しているのです。

課題設定力・課題解決力を見極めるため

そして3つ目は「課題設定力・課題解決力を見極めるため」です。

「苦労したこと」を答える際は、ただ単に「○○が辛かったです。苦労しました。」と伝えるわけではありません。苦労したことに合わせて、それをどのように乗り越えたかというプロセスが必要なのです。

自分が苦手なことや経験したことがないことに直面した時に、自分に足りないものや乗り越えるためには何が必要かなどの課題を設定します。そして、設定した課題を解決するために、行動を起こし努力します。これらのプロセスから、学生の課題設定力と課題解決力を見極めるのです。

先輩
社会人になれば自ら課題を設定し、その課題を解決するために行動しなければなりません。そのため、課題設定力や課題解決力を持った学生は企業にとって魅力的なのです。

苦労したことを考えるときの3つの手順

就活生 女性 おすすめ

苦労したことを考えようとしても、思いつかなかったり、思いつてもただの苦労話で終わってしまうこともあると思います。しかし、これから紹介する3つの手順で考えれば、企業に好印象を与えることができるエピソードとなります。苦戦している人は、ぜひ一度この手順をもとに考えてみてください。

苦労したことを考える3つの手順
  1. 長期的な努力の中で苦労したことを考える
  2. 「乗り越えた方法」もセットで考える
  3. 志望する企業や職種に関連付けられる内容とする

①長期的な努力の中で苦労したことを考える

まずは「長期的な努力の中で苦労したことを考える」ことです。

企業が「苦労したこと」を聞く理由でも説明した通り、この質問の回答では、プロセスが重要になります。そのため、エピソードはすぐに解決できたものではなく、長期的な努力や試行錯誤の末に解決できたエピソードを選ぶようにしましょう。

また、部活やサークル、アルバイトのエピソードはありきたりと思い、避ける人もいるかもしれませんが、全く問題ありません。エピソードの珍しさや規模の大きさは評価に関係ありません。そのため、身近なことや小さなことでも構わないので、少しでも多くの経験を書き出してみましょう。

②「乗り越えた方法」もセットで考える

長期的な努力の中で苦労したことを書き出せたら、「乗り越えた方法」を考えていきましょう。

苦労したことの回答は、苦労したことだけを伝える場ではありません。苦労したこととどのように向き合い、どのように行動し、乗り越えたかを伝えることが重要になります。

そのため、書き出した経験ごとに、壁にぶつかったタイミングから、克服するまでのプロセスを書き出してみましょう。また、プロセスを思い出せない場合は、その頃の自分の周りにいた友人や家族に話を聞いてみるといいかもしれません。

③志望する企業や職種に関連付けられる内容にする

最後は、苦労したことから得た学びや能力を「志望する企業の求める人物像や志望する職種に関連付ける」ことです。

無理に関連付ける必要はありませんが、企業は求める人物像に近い学生は入社後に活躍が期待できると判断される可能性が高くなります。そのため、無理のない程度に言い回しを調整しましょう。

エピソードが豊富な人は、企業が求める人物像から逆算してエピソードを選択すると、好印象を与えやすくなるためオススメです!

苦労したことの答える時の伝わりやすい答え方

とても良いエピソードでも伝え方が良くなければ、伝えたいことが伝わらなかったり、間違った解釈をされてしまう場合があります。そうなってしまうと、面接官に好印象を与えることができず、努力が無駄になってしまうかもしれません。そこで、苦労したことの伝え方について例文を交え、5つのステップに分けて紹介します。

5つのステップは以下の通りです。このステップを意識しながら例文を読んでみましょう!

手順具体的な内容
STEP① 結論苦労したことは何か
STEP② 詳細苦労したことを具体的に説明
STEP③ 行動苦労したことに対する自分の行動
STEP④ 結果行動したことによる変化
STEP⑤ これから学びと今後の活かし方
先輩
それでは例文全体を確認してみましょう!
例文

私は大学のサークル活動で集団をまとめることに苦労しました。

私は大学1年生の頃からボランティアサークルに所属しています。このボランティアサークルは100名以上の学生が所属しており、大学内でもかなり大規模なサークルでした。私は1年生の頃からサークルのイベントや活動に積極的に参加していたこともあり、3年生になった今年度からサークルの代表を務めることになりました。

しかし、その頃サークル内では、災害ボランティアに力を入れたい学生と放課後学習などの教育面のボランティアに注力したい学生が2つに分かれており、サークル自体も分裂しそうになっていました。

私はまず初めに、それぞれの主張について詳しく話を聞くことにしました。はじめの頃は、表面的な話しかすることができませんでした。しかし、諦めず何度も対話を重ねると、それぞれの強い思いを聞くことができました。そして、話を聞いたことで、無理にどちらか1つにすることはサークルにとって良いことではないと考えました。

しかし、100人以上の規模があるからこそできるボランティア活動もあったので、分裂をすることもサークルにとってデメリットでした。そこで、私はこれまでの組織体制を廃止し、それぞれがやりたい活動ができる体制に変えることにしました。

これまでの体制は長く続いていたものだったので、変えたことによって反発やトラブルが発生したことはありました。しかし、それと同時に学生1人ひとりの積極性は格段に上がり、1カ月に参加するボランティア活動の件数が1.3倍にまで急増しました。

さらに2つに分かれていたサークル内部も、それぞれの思いを知ったことにより、派閥はなくなり互いに協力できるまでになりました。

私はこの経験から、伝統にこだわらず、その時々の最善を尽くすことの重要性を学びました。また、根気強くコミュニケーションをとり、信頼関係を構築するスキルも身につけることができました。

私は、常識にとらわれない様々なサービスを提供し、社会に貢献している御社にとても魅力を感じています。入社することができた際には、サークル活動で得た学びやスキルを活かし、これまでにない画期的なサービスを生み出し、多くの人の生活に貢献したいと考えています。

先輩
それでは詳しく解説します!

結論:苦労したことは何か

まず初めは「苦労したことは何か」を述べましょう。

例文

私は大学のサークル活動で集団をまとめることに苦労しました。

プレゼンなどと同様で、まずは結論を述べます。はじめにゴールポイントを共有することで、聞きやすさが全く変わってくるので、忘れずに述べましょう。

詳細:苦労したことを具体的に説明

結論を伝えた後は、「苦労したことを具体的に説明」しましょう。

例文

私は大学1年生の頃からボランティアサークルに所属しています。このボランティアサークルは100名以上の学生が所属しており、大学内でもかなり大規模なサークルでした。私は1年生の頃からサークルのイベントや活動に積極的に参加していたこともあり、3年生になった今年度からサークルの代表を務めることになりました。

しかし、その頃サークル内では、災害ボランティアに力を入れたい学生と放課後学習などの教育面のボランティアに注力したい学生が2つに分かれており、サークル自体も分裂しそうになっていました。

この部分は、苦労したことが起きた頃のことを詳細に説明します。面接であれば時間制限、エントリーシートであれば文字数制限やスペースの制限があると思いますが、エピソードを伝えるために必要な情報はきちんと伝えるようにしましょう。

行動:苦労したことに対する自分の行動 

3つ目は「苦労したことに対する自分の行動」について説明しましょう。

例文

私はまず初めに、それぞれの主張について詳しく話を聞くことにしました。はじめの頃は、表面的な話しかすることができませんでした。しかし、諦めず何度も対話を重ねると、それぞれの強い思いを聞くことができました。そして、話を聞いたことで、無理にどちらか1つにすることはサークルにとって良いことではないと考えました。

しかし、100人以上の規模があるからこそできるボランティア活動もあったので、分裂をすることもサークルにとってデメリットでした。そこで、私はこれまでの組織体制を廃止し、それぞれがやりたい活動ができる体制に変えることにしました。

課題に対して行動し始めると、様々なトラブルや苦難に遭遇すると思います。しかし、全てを伝えることができないので、長期的に努力したことを選ぶようにしましょう。

先輩
行動だけでなく、その行動をしようと思った理由を述べると思考力もアピールできるのでおすすめです◎

結果:行動したことによる変化

自分自身の行動を伝えた後は、「行動したことによる変化」について述べましょう。

例文

これまでの体制は長く続いていたものだったので、変えたことによって反発やトラブルが発生したことはありました。しかし、それと同時に学生1人ひとりの積極性は格段に上がり、1カ月に参加するボランティア活動の件数が1.3倍にまで急増しました。

さらに2つに分かれていたサークル内部も、それぞれの思いを知ったことにより、派閥はなくなり互いに協力できるまでになりました。

自分の行動によって苦労していたことが解消・解決したことを客観的なデータを交えて説明しましょう。数値などがない場合は、当時自分の周りにいた友人や家族のコメントを添えられると、自己満足で終わっていないことを暗に伝えられるのでおすすめです。

これから:学びと今後の活かし方

そして最後は、「経験から得た学びと今後どのように活かしたいか」を伝えます。

例文

私はこの経験から、伝統にこだわらず、その時々の最善を尽くすことの重要性を学びました。また、根気強くコミュニケーションをとり、信頼関係を構築するスキルも身につけられました。

私は、常識にとらわれない様々なサービスを提供し、社会に貢献している御社にとても魅力を感じています。入社することができた際には、サークル活動で得た学びやスキルを活かし、これまでにない画期的なサービスを生み出し、多くの人の生活に貢献したいと考えています。

まずは、苦労したことから学んだことを簡潔に述べます。いくつも挙げてしまうと伝えたいことがぼやけてしまうので、多くても2つに絞りましょう。

そして今後の活かし方については、企業が求める人物像や社風、サービス内容に沿って伝えると有効なアピールになります。

先輩
企業分析をしっかりした上で話すことができれば、志望度が高いこともアピールできます!

好印象を与えられる例文とNG例文

書類を見る 女性

ここまで、苦労したことの考え方や伝え方を紹介してきましたが、一から考えるとなるとなかなか思いつかず、投げ出したくなってしまう人もいる思います。

そこでここからは、面接官に好印象を与えられる例文とNG例文を紹介します。好印象を与えられる例文を参考にエピソードを考え、完成後にNG例文になっていないか確認しましょう!

これなら高評価!好印象を与えられる「苦労したこと」

考え方や答え方でも紹介した通り、苦労したことのエピソードでは、必要な要素があります。その要素が抜けてしまうと、内容が伝わりづらくなってしまったり、アピール不足になってしまうのです。

そのため、まずはこれから紹介する例文を見て、どのように必須要素をエピソードの中に盛り込んでいるかを確認してみましょう。そして、例文をもとに少しずつ自分の経験を形にしていきましょう。

例文① サークル編

例文

私は大学のサークル活動で集団をまとめることに苦労しました。

私は今年度からサークルの代表を務めています。私が代表になった頃のサークル内は、災害ボランティアに力を入れたい学生と放課後学習などの教育面のボランティアに注力したい学生が2つに分かれており、サークルが分裂しそうになっていました。

私はこの危機を解決すべく、まずそれぞれの主張について詳しく話を聞くことにしました。するとそれぞれの強い思いを聞くことができ、無理にどちらか1つに絞ることはサークルにとって良いことではないと考えました。

しかし、100人以上の規模があるからこそできるボランティア活動もあったので、サークルが分裂してしまうこともデメリットだと考えました。そこで、私はこれまでの組織体制を廃止し、それぞれがやりたい活動ができる体制に変えました。

これまでの体制は長く続いていたものだったので、変えたことによる反発やトラブルが発生したことはありました。しかし、それと同時に学生1人ひとりの積極性は格段に上がり、1カ月に参加するボランティア活動の件数が1.3倍にまで急増しました。さらに2つに分かれていたサークル内部も、それぞれの思いを知ったことにより、派閥はなくなり互いに協力できるようになっていきました。

私はこの経験から、伝統にこだわらず、その時々の最善を尽くすことの重要性を学びました。

私は、常識にとらわれない様々なサービスを提供し、社会に貢献している御社にとても魅力を感じています。入社することができた際には、サークル活動で得た学びを活かし、これまでにない画期的なサービスを生み出し、多くの人の生活に貢献したいと考えています。

この例文は、積極的に行動したことやその行動に至った思いや考えも書かれているので、行動力や思考力の高さをアピールできます。また、この経験から得た学びが志望する企業のサービス内容にマッチしており、企業に対して深い理解があることもアピールできています。

先輩
ただ単にエピソードを話すのではなく、「面接官に何を伝えたいのか」「自分のどのような部分をアピールしたいのか」などの狙いをもって、エピソードを考えるように心掛けましょう。

例文② 勉強・受験編

例文

私は大学受験において、長期的な目線を持つことに苦労しました。

私は高校2年生の頃、大学見学で今通っている大学に出会いました。広々としたキャンパスや綺麗な講義棟、そして最も関心があった○○学部があるということもあり、「2年後必ずこの大学に合格する!」と誓いました。

しかし、当時の私は全く学力がとどいていませんでした。さらに、定期テストも一夜漬けで受けていたので、どのように勉強すればいいかもわかりませんでした。しかし、諦めたくもなかったので、担任の先生に相談しました。すると「合格から逆算して学習計画を立ててみて」と言われました。

教わってからすぐの頃は、意味が解らず学習計画も全く立てられませんでした。しかし、毎日のように先生の所に学習計画について質問していると、合格を見据えた上でやらなければいけないことを逆算し、1カ月、1週間、1日の学習計画に落とし込むことができるようになりました。

そして、これまで全く上がらなかった模試の偏差値も、学習計画に基づいて毎日コツコツと勉強するようになってからは、順調に上がっていきました。

私はこの経験から、大きな目標を達成するためには、長期的な目線を持ち、そこから逆算をして日々の行動を積み重ねていくことの重要さを知りました。

私は御社の○○部を志望しています。〇〇部のプロジェクトは、数年もの長い期間をかけて進められると伺いました。私が入社することができた際には、この経験から得た、長期的な目線と日々の積み重ねを大切にして、プロジェクトに取り組みたいと考えています。

この例文は、自分自身の課題と向き合い、その課題を乗り越えるための努力がわかりやすく書かれています。また、1年を超える長期間の努力や、壁にぶつかった時に誰かに助けを求められる素直さも良いアピールになります。

今回のエピソードのように、苦労したことから得るものはスキルだけではありません。これまでに知らなかった知識や、これまでと全く違うものの見方、視野の広がりなども、学びや得たものに含まれるのです。そのため、スキル面に固執せず、自分が成長したターニングポイントなどを思い出し、深掘りしてみましょう。

これはヤバイ!?印象の悪い「苦労したこと」

就活生 バツ印

先ほどは、好印象を与えられる例文を紹介しましたが、ここからは印象を悪くしてしまう「苦労したこと」を紹介します。

印象が悪い「苦労したこと」
  • 固有名詞を使いすぎて何を言いたいかわからない
  • 他人を卑下したり自分を持ち上げる

長時間考え続けていると、客観性のない内容になってしまったり、何を言っているのかがわからない文章になってしまう可能性があるので、自分のエピソードがそのようなことになっていないか確認するためにも、一度目を通してみてください。

何が言いたいかわからない編

例文

・働き始めた頃は、「△△(作業名)」の作成に時間がかかり苦戦しました。
・サークルの「○○(イベント名)」に参加することで新たな人脈を作ることができました。
・2年生の大会では「■■(ルール名)」を違反したことにより、途中退場する結果になってしまいました。

かぎかっこ内の表現は、アルバイトやサークル、部活などで使われる固有名詞です。学生からすると日常的に使っている言葉であっても、面接官には伝わらない可能性が高く、言葉に関する補助的な説明が必要です。

また、固有名詞を使わずに「~~~~ということ・もの」というように説明すると、混乱を避けることができるのでおすすめです。さらに、エピソードの内容が的確に伝わっているか確認するためにも、内容を友人や家族に一度見てもらうと、客観的な感想が得られて、より質の良い回答を作ることができます。

他人を卑下したり自分を持ち上げる編

例文

・後輩が失言してしまったことにより、会議が全くまとまらなくなりました。
・店長の身勝手な指示や行動により、アルバイトのメンバーが複数人辞めていきました。
・私は状況を把握し報告していましたが、先輩は聞く耳を持たず取り返しのつかない状況となりました。

これらは、全て起きた出来事を他人の責任にしている表現です。このような表現は「物事を他責にする学生」「上手くいかないことや失敗を受け入れられない学生」などの悪い印象を与えかねません。

実際に周りの人の影響で上手くいかなかったということもあると思いますが、そういったことを直接的に伝えてしまうと、あなたの印象が悪くなってしまう可能性があるので気をつけましょう。

先輩
エピソードを聞いた面接官がどのような印象を受けるかを考えた上で、エピソードに盛り込むかを判断しましょう。

まとめ

就活生 喜び

ここまで企業が「苦労したこと」について質問する理由や、「苦労したこと」の考え方や答え方について、例文を交えながら解説してきました。

「苦労したこと」は一見ネガティブなエピソードになってしまいそうですが、その経験を通して得られたこと、それらを今後どう活かしていくかを伝えられれば、有効なアピールになります。

また、「失敗は成功のもと」というように、人間は苦労したことや失敗してしまったことから学び、成長することができる生き物です。「苦労したこと」もはじめは上手く答えられないかもしれませんが、諦めずに改善を重ねていきましょう。

長期インターン求人サイト「コネクトインターン」
長期インターン求人サイト

長期インターン求人サイト「コネクトインターン」。大学生は完全無料でご利用可能。大手からベンチャー企業まで様々な企業が長期インターンの求人を掲載。コネクトインターンに登録することでインターンシップや就活に有利な情報が手に入る。企業からインターンシップのスカウトも届きます。コネクトインターンを活用して長期インターンや就活をより良いものにしましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事