就活面接やESで「挫折経験は?」と聞かれた際の答え方とは?

就活の面接やESで「あなたの挫折経験を教えてください。」と聞かれるとどう答えればいいか、迷ってしまう就活生は多いと思います。しかし、企業側の質問の意図や、どのような内容を答えれば良いのかを知っていれば、困ることなくスムーズに答えられます。

そこで本記事では、企業が学生に挫折経験を聞く理由や答える時に盛り込むべき内容などについて、例文を交えながら紹介します。

\学生の内から市場価値を高めよう!/

長期インターンシップを探すならコネクトインターン

企業がなぜ学生に挫折経験を聞くのか?

就活生 疑問

「そもそも企業はなぜ挫折経験を聞くのだろう?」と疑問を抱いている就活生は少なくないと思います。しかし、面接で質問されるということは、しっかりと意図があります。

そこでここからは、企業が学生の挫折経験を聞く理由を大きく2つに分けて解説します。企業側の意図を把握できているか否かで、回答の質が大きく変わってくるので1度目を通してみてください。

挫折経験を聞く理由
  1. 目標に対して努力できるか
  2. 失敗体験を受け入れ改善できるか

理由①目標に対して努力できるか

まず1つ目の理由は「目標に対して努力ができるか」を見るためです。

「挫折」と聞くと、失敗や上手くいかなかったことというイメージが強いかもしれません。しかし、面接で重視されるのは、小さなミスや偶然起きた失敗などではありません。面接官は挫折経験を聞くことによって、目標をしっかりと持ち、長期的に努力できる学生か否かを見極めたいのです。

社会人になると学生時代とは違い、誰かに与えられた目標や試験やテストの及第点を取ればいいということではありません。クライアントや社内、自分自身の課題を見つけ、改善するための目標を設定し、指示を受ける前に自らその目標に向かって努力できなければならないのです。

理由②失敗体験を受け入れ改善できるか

2つ目の理由は「失敗体験を受け入れ改善できるか」を見極めるためです。

社会人になると上手くいくことばかりでなく、大きな失敗をしてしまったり、自分の力不足に直面することなどが多々あります。そういった時に、ネガティブになって仕事がおろそかになってしまったり、失敗から学ぶことができず何度も同じ失敗を繰り返す社員は、どんな企業であっても、積極的に採用したいとは思えないはずです。

そのため、面接やESで挫折経験を聞き、厳しく辛い経験をしっかりと受け止めて、学びに変えることができるかを見極めているのです。

先輩
このように、質問の意図を考えるだけで、企業がどんな学生を採用したいかが見えてきます。面接本番でも、質問の意図を考えながら回答するように心がけましょう!

挫折経験が見当たらない人は必見!挫折経験の見つけ方

就活生 グッドポーズ

「突然、挫折経験といわれても、そんな経験見当たらない…」と悩んでいる就活生は少なくないと思います。

そこでここからは、面接やESで使える挫折経験の見つけ方を3つ紹介します。嘘の挫折経験は面接で深堀されるとすぐにばれてしまうので、これから紹介する方法で、自分自身の経験から探し出すようにしましょう!

「挫折経験」の見つけ方
  1. 主体的に努力したことを考える
  2. 実現できなかったことを考える
  3. 努力したことや悔しかったことがなければ、就職活動で作る!!

主体的に努力をしたことを考える

まず1つ目の方法は「主体的に努力したことを考える」という方法です。

挫折とは、主体的に努力をした上で、上手くいかなかったり、失敗をしてしまったりすることです。そのため、まずは自ら積極的に努力した経験を考え、書き出してみましょう。書き出した経験の中に、失敗をしてしまったものがあれば、それを挫折経験にすればいいですが、そういった経験がない人の方が多いと思います。

そういった場合は、大きな失敗でなく良いので、「自分が思い描いていた結果」と「実際の結果」を比較してみましょう。

改善点を考えることがポイント!
  • 「もう少し○○すればよかった」
  • 「○○の方を選択していればもう少しスムーズに進んだ」など

上手くいったことでも改善点を考えてみるとヒントになります!

その改善点を挙げることができれば、「当時の自分はなぜ最善の選択・行動ができなかったのか」を分析するのです。そうすれば、大きな挫折経験ではないものの、自分自身を客観的に観察し、失敗を次に繋げる力を持っている学生という印象を与えることができます。

「挫折経験」と聞くと、ドラマや映画のような壮大なエピソードを思い浮かべる人が多いかもしれませんが、エピソードのスケールは面接において全く重要ではないのです。

実現できなかったことを考える

2つ目の方法は「実現できなかったことを考える」という方法です。

これまでの人生の中で、自分は「こうしたい!」と思っていたものの、何らかの理由で実現できなかった経験を書き出してみましょう。そして、その経験ごとに実現できなかった理由を書き出してみましょう。

例えばこんな人がいた場合にはどうでしょうか。

学生
漫画に興味があり美術系の専門学校に進学したいと考えていたものの、両親に反対され四年制大学に進学しました

この経験だけだと、主体性がなく意志が弱い学生だと思われてしまうかもしれません。

しかし続きとして下のような回答が続いたらどうでしょうか。

学生
両親に反対され一度は諦めかけましたが、自分の人生は自分で決めると思い直し、大学入学後も漫画を描くことをやめず、サークル活動や出版社への持ち込みなどを積極的に行い、小さな賞だったものの、学生の間に受賞することができました!

このように「失敗や後悔から学びを得てから、主体的な努力ができるようになった」というエピソードでも、企業が求めるポイントさえ押さえられるのです。

努力したことや悔しかったことがなければ、就職活動で作る!

最後に紹介する方法は、これまでの人生を振り返っても、努力したことや悔しかったことが一切見つからなかったという人のための最後の手段です。

それは「努力したことや悔しかったことがなければ、就職活動で作る」という方法です。正直、企業は挫折を経験したことのない学生には、以下のような印象を抱く可能性が高いです。

挫折経験がない学生はこう思われる!?
  • 積極的に挑戦ができない
  • 失敗から学ぶ力がない
  • 主体性が欠ける

人事からこのように思われてしまうかも⋯⋯

そのため、「挫折経験はありません!」で終わってしまうのではなく、挫折経験がないのであれば、今から作ればいいのです。そして、挫折経験を作るために最適なのが、就職活動なのです。

就職活動は大学3年生になれば、誰もが経験することではありますが、非日常的なことであり自分の殻を破るきっかけになります。そのため、積極的にインターンや選考に参加し、たくさんの失敗を経験することで、学びを得ましょう。そして、その得た学びを行動に反映させ、小さなものでもいいので結果を出せるように努力しましょう。

社会人
このあと紹介する例文の中に、就職活動を題材にしたものがあるので、ぜひ参考にしてみてください!!

人事に伝わる!挫折経験の答え方

就活 面接

面接で挫折経験を答える時に重要なのは、「内容」と「順番」です。

以下のような順番で作成していくと作りやすいのでおすすめです。

作成のステップ
  1. 挫折経験の大枠
  2. 挫折経験の詳細
  3. 挫折経験の原因
  4. 原因を克服するための努力
  5. 経験から得た学び
  6. 学びを今後どう活かしていくか

ここからは下の例文をもとに挫折経験を答える時の内容と順番について詳しく解説します。

それでは、詳しく見ていきましょう!

①挫折経験の大枠

まず1つ目には「挫折経験の大枠」を伝えます。

例文

私の挫折経験は、今も続けている居酒屋のアルバイトでの経験です。

はじめにエピソードの大枠を伝えることにより、聞き手は話を聞きやすくなります。そのため、この部分は簡潔にわかりやすいことを重視しましょう。

②挫折経験の詳細

2つ目は「挫折経験の詳細」です。

例文

始めた当初は、メニューも覚えられない上に、オーダーも聞き漏れが多く、店長に怒られてばかりでした。また、料理を運ぶのが遅くなってしまったり、オーダーミスをしてしまい、お客様から叱責されることも多々ありました。このようなことが毎日起き、「このバイトは自分には向いていない。辞めたい。」と思うようになりました。

自分がどういった場面で、どんな壁にぶつかったのかを分かりやすく答えるように心掛けましょう。また、この部分では、アルバイトやサークルなどの特有の言葉使用したくなると思います。しかし、自分にとっては当たり前でも、外部の人にとっては意味がわらない場合もあるので、補足の説明を怠らないようにしましょう。

③挫折経験の原因

就活生 挫折

次は「挫折の原因」について伝えましょう。

例文

そんな時に、悩んでいる私を見かねた先輩から「もっと周りとコミュニケーションをとって、助けてもらえば時間も気持ちも余裕出来るよ」とアドバイスをしていただきました。それまでの私は「店長やお客様に怒られたくない。」という思いから、店長はもちろんアルバイト仲間とも全くコミュニケーションがとれていませんでした。そのため、何でも自分でしようとしてしまい、空回りしていたのです。

原因について考える時は、「苦手だから」「仕方がなかった」というようなことではなく、改善策が見えるまで深堀りしていくようにしましょう。あまりにも浅いことを言ってしまうと、思考力が劣っていると思われてしまうかもしれないので要注意です。

④挫折経験の原因を克服するための努力

4つ目は「挫折経験の原因を克服するための努力」についてです。

例文

このアドバイスをいただいてからは、「顔を合わせたバイト仲間とは必ず会話をする」という目標を立て、行動するようになりました。はじめは挨拶をするだけで精一杯でしたが、徐々に雑談や相談ができるようになっていきました。

その結果、周りに助けを求められるようになりミスが減ったのはもちろん、ホール全体がスムーズに回るようになり、お客様とのコミュニケーションをとる余裕まで生まれました。また、接客が丁寧ということが口コミで広まり、常連になってくださるお客様も増えました。

この部分では、小さなことでもいいので、日々コツコツ積み重ねている努力について伝えましょう。一度だけの努力だと勢いはあるものの、継続力や忍耐力が欠けているという印象になりかねません。また、その努力の結果、変化したことがあればしっかりと伝えましょう。

⑤挫折経験から得た学び

5つ目は「挫折経験から得た学び」です。

例文

私はこの経験から、信頼関係を築くためにはコミュニケーションが重要だということと仲間を信用して助けを求めることの重要性を学びました。

上手くいかなかった頃の自分とそれに気づき改善のための努力をした後の自分を比較し、何を学んだかを伝えましょう。ここでは、あまり良いことを言おうとするのではなく、自分にとって本当に学びになったことを簡潔に伝えましょう。

また数が多すぎると、結局何が学びなのかがわからなくなってしまうので、多くても2つくらいに絞るといいでしょう。

⑥学びの今後の活かし方

そして最後は「学びの今後の活かし方」です。

例文

御社の営業はチームで行うと聞いています。入社後は、迷惑をかけてしまう場面が多いかと思いますが、積極的に質問をしたり、日常的にコミュニケーションをとることを心掛け、少しでも早くチームの一員になれるよう努力したいと思います。

ここでは得た学びを今後どのように活かしていきたいかを伝えればいいのですが、可能であれば志望する企業の特徴や求める人物像に近しい内容にしましょう。そうすれば、志望度の高さも同時にアピールできます。

先輩
何もない状態で考え始めるとなかなか思いつきませんが、ここまで紹介した手順で考えると頭の中を整理しながら考えるのでオススメです!

挫折経験の例文

考える就活生

挫折経験の考え方や書き方が分かったとしても、自分のこととなるとなかなかペンが進まないということもあると思います。

そこで、ここからはアルバイト・部活・就職活動の3つを題材にした例文を紹介します。どうしても書き始められない人は、これらの例文を自分のエピソードにアレンジするところから始めてみましょう。

例文①アルバイト編

例文

私の挫折経験は、今も続けている居酒屋のアルバイトでの経験です。

始めた当初は、メニューも覚えられない上に、オーダーも聞き漏れが多く、店長に怒られてばかりでした。また、料理を運ぶのが遅くなってしまったり、オーダーミスをしてしまい、お客様から叱責されることも多々ありました。このようなことが毎日起き、「このバイトは自分には向いていない。辞めたい。」と思うようになりました。

そんな時に、悩んでいる私を見かねた先輩から「もっと周りとコミュニケーションをとって、助けてもらえば時間も気持ちも余裕出来るよ」とアドバイスをしていただきました。それまでの私は「店長やお客様に怒られたくない。」という思いから、店長はもちろんアルバイト仲間とも全くコミュニケーションがとれていませんでした。そのため、何でも自分でしようとしてしまい、空回りしていたのです。

このアドバイスをいただいてからは、「顔を合わせたバイト仲間とは必ず会話をする」という目標を立て、行動するようになりました。はじめは挨拶をするだけで精一杯でしたが、徐々に雑談や相談ができるようになっていきました。

その結果、周りに助けを求められるようになりミスが減ったのはもちろん、ホール全体がスムーズに回るようになり、お客様とのコミュニケーションをとる余裕まで生まれました。また、接客が丁寧ということが口コミで広まり、常連になってくださるお客様も増えました。

私はこの経験から、信頼関係を築くためにはコミュニケーションが重要だということと仲間を信用して助けを求めることの重要性を学びました。

御社の営業はチームで行うと聞いています。入社後は、迷惑をかけてしまう場面が多いかと思いますが、積極的に質問をしたり、日常的にコミュニケーションをとることを心掛け、少しでも早くチームの一員になれるよう努力したいと思います。

アルバイトをしたことがある人であれば、誰しも経験をしたことがあるようなことではないかと思います。ありきたりなようにも思えますが、しっかりと自分自身を見つめ、改善を行い努力した過程が見えるので、面接官に好印象を与えることができるでしょう。

また、バイトリーダーや後輩の育成を担当していた経験などがあれば、アピール材料になるので積極的に伝えるようにしましょう。

例文②部活編

部活 努力

例文

私の挫折経験は、高校時代に所属していたバドミントン部での経験です。

私は、中学の頃からバトミントンをしており、市内でもベスト4に入る実力がありました。しかし、高校のバトミントン部に入ると、中学の頃に1度も勝てなかった優勝常連校の同級生もバドミントン部に入部していました。

高校2年生になると、その同級生とダブルスを組むことになりました。私はダブルスをしたことがなった上に、相方となった同級生とのレベルの差が大きく、試合に出るたびに足を引っ張っていました。

しかし、当時の私はプライドが高く、相方にアドバイスをもらうことに大きな抵抗を感じていました。その結果、勝てない状況が続き、「ダブルスを解散したい。」と顧問の先生に伝えました。すると、顧問の先生から「一度プライドを捨てて、アドバイスをもらってみてはどう?」と言われました。

数日間は、その言葉を全く受け入れられませんでした。しかし、時間が経つにつれて、「自分がプライドを捨てて、アドバイスを聞ける関係になれば、自分の上手くなるし、ダブルス自体も強くなれるのではないか」と考え始めました。

その日から少しずつではあるものの、毎日練習後に相方にアドバイスを聞くようになりました。すると、私個人のスキルが向上したのはもちろん、ダブルスとしても強くなることができ、高校3年生の最後の試合である県大会ではベスト8に入ることができました。

私はこの経験から、高すぎるプライドは成長を邪魔してしまうということと教えを乞うことの重要性を学びました。

御社では、様々な業種のクライアント様に対して営業を行っていると聞いています。入社後は、自分の知識だけに頼るのではなく、クライアント様から様々なことを教えていただき、吸収していきたいと思います。また、その知識を使ってクライアント様のお役に立てるようなサービスを提供したいと考えています。

部活やサークルなどで自分より優秀な人がおり、嫉妬していた経験がある人もいるのではないでしょうか。社会人になっても、プライドの高さゆえに、柔軟に行動できず成長が妨げられてしまっている人は多くいます。そのため柔軟性を持ち、人から学びを得ることの重要性を知っている学生は貴重です。

先輩
今振り返ると少し恥ずかしい経験のように思うかもしれませんが、とても魅力的なエピソードなので、未熟だったころの自分も積極的に伝えるようにしましょう。

例文③就職活動編

例文

少し前の私は努力した経験や何かにつまずいた経験が全くありませんでした。

私は幼少期の○○の経験からどんなことにも臆病で、新しいことに挑戦したり、できるかわからないことに取り組むということを避けてきました。その結果、何をするに自分ができる範囲で「できそうだな」と思うことばかりに取り組んでいました。

しかし、大学の就職活動対策セミナーに参加したときに、「たくさん失敗をする中で多くの学びを得た人が成長できる」という言葉を聞き、自分の中には全くなかった考え方に感銘を受け、考え方や生き方を変えていこう決意しました。

それからは、自分の学歴だと難しい企業の選考に応募してみたり、倍率の高いインターンにESを提出したりするなど、これまでの自分だったら考えられないほど積極的に行動するようになりました。

はじめのうちはESや一次面接で落ちてしまうことも多々ありましたが、諦めずに改善を重ね挑戦し続けました。すると、最近では最終面接に呼んでいただけることが増え、数社から内定をいただくこともできました。

このように、つい最近まで挑戦することを恐れてきましたが、就職活動を通して挑戦することや努力することの楽しさを知りました。

御社は年齢や経歴に関わらず、社内起業や留学制度など社員が挑戦しやすい環境が整っていると聞いています。入社後は基本業務を徹底することはもちろんですが、様々な制度を活用して、これまでに挑戦したことがないようなことに積極的にチャレンジしていきたいと思います。

まずは「私はこれまで挫折経験をしたことがありませんでした」と正直に述べましょう。変に隠そうと不信感につながるので、正直に伝え潔く正々堂々とした印象を与えましょう。しかし、ただそれだけを述べると説得力に欠けるので、挫折経験がないまま人生を送ってきた原因を述べましょう。

また、努力をした結果は必ず伝えましょう。他のエピソードであれば「学生時代に部活動で得た学びが、今の就職活動で生きています」というような言い方もできますが、就職活動は直近のエピソードとなるので、その経験の中で結果を出せていないと、ただの自己満足のような印象になってしまいます。

就活を有利に進めるならインターンが最適

30秒で無料登録!
優良企業のインターン情報満載

挫折経験を答えるときの注意点

就活生 バツ印

最後にこれだけは押さえておきたい挫折経験の注意点を紹介します。このポイントを押さえられていないと、せっかく考えたエピソードが台無しになってしまう可能性もあるので、ぜひ1度目を通してみてください。

挫折経験を答えるときの注意点
  • できるだけ新しい経験を選ぶ
  • 「無理やりやらされた感」は出さない
  • 自分の弱みや失敗を開き直らない

古い経験はNG!新しい経験を選ぶ

まず1点目は「古い経験はできるだけ使わない」ということです。

古いエピソードだったとしても高校生までが限界です。小学生や中学生の頃の経験を話してしまうと、「高校生や大学生の頃は、特に努力していなかったのか?」と面接官に思われてしまう可能性があり、どんなにいいエピソードだったとしても、印象が悪くなってしまいます。

この注意点は、学生時代に頑張ったことや自分の長所について話す時のエピソードにおいても注意すべきポイントなので、頭の片隅置いておくようにしましょう。

「無理やりやらされた」経験は印象が悪い 

挫折経験を伝える時に重要なのが「自主性」です。面接官は自主的に目標をもって努力し、上手くいかなかったり失敗してしまった経験を聞きたいのです。

そのため、「学校の先生や両親に無理やりやらされて、努力したものの失敗しました。」というエピソードは印象が悪くなってしまいます。そのため、エピソードを探す時は自主性があるものを探すようにしましょう。

しかし、「はじめはやらされていたけど、徐々に自分事ととらえることができ、さらに高い目標を持つようになった」というようなエピソードであれば問題ありません。エピソードについて考える時は、面接官にどのように映るかを考えるようにしましょう。

先輩
面接官も人ですので、印象がよく写るようにしていきましょう!

自分の弱みや失敗を開き直らない

挫折経験を話すにあたって、自分自身の弱みや失敗を受け入れ、改善を加えようとする姿勢は最も重要と言っても過言ではありません。

そのため、「この失敗はメンバーの○○のせいです」「この性格は生まれつきなので変えられません」というように開き直ったり、他人の責任にしてしまう言動は印象が悪くなってしまいます。

自分の悪い部分を探さなければいけないというわけではありませんが、「もっと良い結果を出すためにはどのように行動すべきだったか」や「あの失敗を引き起こさないために、自分には何ができたか」というように、挫折経験を自分事ととらえ、考えるように心掛けましょう。

まとめ

就活生 自信

ここまで、面接やESでの挫折経験の質問の意図や考え方、答え方について例文を交えて解説してきました。

自分の挫折経験を誰かに話すことは、少し勇気がいることかもしれませんが、その経験から学びを得ることができていれば、大きなアピールになります。また、企業側も「人間は失敗を経て成長する」ということを前提に質問をしているはずです。

そのため面接やESでは、勇気をもって自分自身の挫折経験について伝えるようにしましょう。

就活を有利に進めるならインターンが最適

30秒で無料登録!
優良企業のインターン情報満載

長期インターン求人サイト「コネクトインターン」
長期インターン求人サイト

長期インターン求人サイト「コネクトインターン」。大学生は完全無料でご利用可能。大手からベンチャー企業まで様々な企業が長期インターンの求人を掲載。コネクトインターンに登録することでインターンシップや就活に有利な情報が手に入る。企業からインターンシップのスカウトも届きます。コネクトインターンを活用して長期インターンや就活をより良いものにしましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事